• シャトー&ホテル・コレクションとは?
  • お問い合わせ
  • アラン・デュカスエンタープライズについて
  • フランス
  • イタリア
  • イギリス
> 旬の情報たっぷり!フランス通信
旬の情報たっぷり!フランス通信
ひと足お先に夏気分!夏のプロヴァンス特集  

今月のフランス通信は、人気のプロヴァンス特集第2弾。夏のヴァカンス・シーズンに向けて、ひと足早く計画を練りましょう!!

 
 

◆ エクス・アン・プロヴァンスの音楽祭

フランス最大の音楽祭といっても過言ではない、エクス・アン・プロヴァンス音楽祭。2009年は6月27日(土)〜7月31日(金)での開催です。この約1ヶ月の間、市内の3つの劇場を主会場として、市庁舎の中庭や大聖堂など街中でも数多くのオペラやコンサート、イベントが上演されます。今年のオペラ演目は、ワグナー「神々の黄昏」、モーツァルト「魔笛」などです。写真は公式サイトからダウンロードできる壁紙のひとつ。過去の上演作品のワンシーンが選べます。チケット予約は1月末からすでに始まっているので、興味のある方は今すぐに公式サイトをチェックして!!

エクス・アン・プロヴァンスの音楽祭公式ホームページ(仏・英)
www.festival-aix.com/

 

◆ オランジュの野外オペラ祭

1869年から開催される、フランス最古の音楽祭。オランジュの古代劇場を舞台に、野外オペラが上演されます。この古代劇場、世界で唯一もともとの音響の壁が現存する施設とのこと。ローマ時代から今に至るまで、すばらしい音響効果でスペクタクルを見る者すべてを魅了します。写真は公式サイトのギャラリーより、2008年の演目「カルメン」。2009年の日程は7月11日(土)〜8月4日(火)まで。ヴェルディの「トラビアータ」が7月11日、15日に上演されます。公式ホームページ上でチケット予約が可能です。

オランジュの野外オペラ祭公式ホームページ(仏・英・独)
www.choregies.asso.fr/

◆ アヴィニョンの演劇祭

夏のヴァカンス時期、毎年開催される演劇やダンス、大道芸などのフェスティバル。街の人口とほぼ同数の演者・観客がフランスを始め世界各国から集まります。国内外の一流カンパニーが招かれる招待制の『イン』と、自主公演制の『オフ』と呼ばれるふたつの組織が並立して開催されているのが特徴的。『イン』の日程は2009年7月7日(火)~29日(水)、プログラムの発表は5月中旬頃、チケットの予約は6月15日(月)から、電話・インターネットで予約可能です。『オフ』の日程は7月8日(水)〜31日(金)、こちらは当日劇場でチケットを購入するのが一般的です。

アヴィニョン演劇祭公式ホームページ(仏・英)
www.festival-avignon.com/

『オフ』のホームプページ(仏)
www.avignonleoff.com/

今月のおすすめホテル
Le Pigonnet

La Prevote
ラ・プレヴォテ
アンティーク市で有名なリル・シュル・ラ・ソルグにあるプチ・ホテル。シスターたちの住居として16世紀に建てられた建物を、オーナー夫妻の住居兼ホテルとして改装。夫妻の家に遊びに来ているかのような、アットホームな雰囲気が魅力のホテル。

Hotel Particulier  

Les Bories & Spa
レ・ボリー&スパ
リュベロン地方の代表的都市で、「フランスの最も美しい村」に指定されているゴルド近郊にあるリュクスなオーベルジュ。モダンで洗練された客室と、2008年にミシュラン1つ星を獲得したレストランが魅力。 館内スパには、ハイドロテラピーのトリートメントが多数用意されており、日焼けした肌のお手入れや、疲れた体を癒してくれる。

Hostellerie de l’Abbaye de la Celle  

Le Clos de la Glycine
ル・クロ・ド・ラ・グリシーヌ
赤土の崖の上に張り付くように聳える、赤い外壁の家々。人気の観光地であり、「フランスの最も美しい村」に指定されているルシヨンの中心ある、8室だけの小さなオーベルジュ。小さいながらも使い勝手のいい客室と、眺めのいいレストランが魅力。


>>その他の南仏のホテル検索はこちらから
 
▲page top