• シャトー&ホテル・コレクションとは?
  • お問い合わせ
  • アラン・デュカスエンタープライズについて
  • フランス
  • イタリア
  • イギリス
> 旬の情報たっぷり!フランス通信
旬の情報たっぷり!フランス通信
シャンパーニュで乾杯!!

今月のフランス通信は、パリからも程近く、有名なシャンパンメーカーが名を連ねる人気の観光スポット、シャンパーニュ地方です!!

 

◆ ランスの大聖堂
シャンパーニュ地方という呼び方が一般的だったりしますが、現在の正式名称はシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏といいます。この地域圏でも特に有名な都市といえばランスです。とはいえ、地域圏の首府でも県庁所在地でもないこの街がなぜそんなに有名なのでしょうか?もちろん、シャンパン醸造の一大中心地としての性格もありますが、ランスはフランスの歴史の中で大きな役割を果たしてきたのです。 フランク人の王クロヴィスが洗礼を受けたことから、歴代フランス国王の戴冠式がランスで行われてきました。現存する大聖堂で戴冠式を行った国王には、ジャンヌ・ダルクが戴冠させたシャルル7世がいます。 内部にシャガールのステンドグラスやシャンパン製造工程をあらわしたステンドグラスがあり、ファサードの彫刻、彫像の美しさで知られるこの大聖堂は、ゴシック建築の傑作といわれ、13世紀はじめに着工され、13世紀末には大部分が完成しました。ファサード部分は建設が遅れたため、塔が完成したのは15世紀になってからでした。 フランス革命で多くの彫像が破壊され、第一次世界大戦では大聖堂本体も壊滅的な被害を受けましたが、終戦後に再建され、損傷のひどい彫像は隣接するトー宮殿にオリジナルが展示・保存されています。

◆ シャンパン・メーカー
ランスや近郊のエペルネには、名だたるシャンパン・メーカーの本社があり、セラーの見学が可能です。

●ランス市内:
Pommery、G.H.Mumm、Veuve Cliquotのセラー見学が可能。Peiper-Heidsickは現在見学不可。

●エペルネ:
Dom Perignonで有名なMoet et Chandonのセラーが見学できる。 (日本語は要予約)

セラーの中は夏でも低温に保たれているので、上着やストールなどが必携です。また、G.H.Mummの敷地から道路を隔てたはす向かいには日本人画家藤田嗣治がフレスコ画を手がけたフジタ礼拝堂があります。小さな礼拝堂ながら、彼独自の技法によるフレスコ画は見る者を圧倒します。

 
 

◆ シャンパーニュ地方のお土産
シャンパーニュ地方のお土産…と聞いて、一番初めに思い浮かべるのは何でしょうか!?有名メーカーのセラー見学の後に購入したボトルシャンパン、というのもありですが、何本も持ち運ぶのは大変ですね!!そんなときはこんなお土産がおすすめです!それは「ビスキュイ・ローズ」。ピンク色の生地に真っ白な粉砂糖の色合いがかわいらしいお菓子で、シャンパンに浸して食べるのが一般的。メレンゲを多く使った生地を2度焼きしてあるので、さくさくした中にしっかりとシャンパンがいきわたりながらも型崩れせず、口の中でビスケットの甘さとシャンパンの酸味が溶け合います。また、シャルロットの方に貼り付けてケーキに使うことも。

今月のおすすめホテル

L’Assiette Champenoise ラシエット・シャンプノワーズ 歴代のフランス国王が戴冠式を執り行ってきた由緒ある世界遺産の大聖堂のあるランス。その郊外に位置し、2ヘクタールの美しい庭園を有する美しいオーベルジュ。客室のインテリアは随所にアンティークを使いながらもモダンな雰囲気で使い勝手がよい。レストランは2005年ミシュランの2つ星を獲得。オーナーシェフ、アルノー・ラルマンが創造する美味しい料理を堪能できる。

Chateau d’Etoge シャトー・デトージュ 名だたるシャンパンメーカーの多くがが本社を構えるエペルネから22kmのところにあるエトージュ村はパリからアルザスのストラスブールへのルート上にある。お堀に囲まれたシャトーは、17世紀に建てられた歴史的建造物。ルイ14世はこのシャトーにヒントを得て、ベルサイユ宮殿の庭園を建設したといわれている。客室は天井が高く広々としておりエレガントでかつロマンティック。小規模ながら、昔から家族で造り続けてきたシャンパンを美味しい食事と共に楽しむことができる。

Chateau de Fere シャトー・ド・フェール シャンパーニュ地方の中心都市ランスとパリを結ぶルート上に位置し、パリから車で1時間半の距離。13世紀にルイ6世の孫が建てた由緒あるお城で、かつてはフランス王室がランスの大聖堂へ赴く際、宿泊施設として利用していた。客室の天井は高く重厚な家具と洗練されたインテリアで落ち着いた雰囲気。シェフが繰り出す料理も美味で名実ともにこの地域を代表するホテル&レストラン。地下のセラーには1万本のワインが眠る。

>>その他のシャンパーニュのホテル検索はこちらから
 
▲page top