• シャトー&ホテル・コレクションとは?
  • お問い合わせ
  • アラン・デュカスエンタープライズについて
  • フランス
  • イタリア
  • イギリス
> 旬の情報たっぷり!フランス通信
旬の情報たっぷり!フランス通信
〜シャトー&ホテル・コレクション、ホテル年間ランキング〜
いよいよクリスマスのイルミネーションやクリスマスツリーがキラキラ輝く季節になってきました。
一年間の総括として、皆様に人気のあったホテルを発表させていただきます。
また、ご宿泊いただいたお客様より色々なご意見、ご感想をいただいております。
(お客様からコメントをいただいたホテルは、ランキングホテルの内ピンク色がついているホテルになります)
来年のご旅行の参考にしていただけましたら幸いです。
〜ホテル年間ランキング〜
総売上高ランキング
2011 2010   ホテル名  
1 2 Pavillon de la Reine パリ
2 9 Auberge de Cassagne&Spa プロヴァンス
3 24 Hotel Arc Elysees パリ
4 81 Le Pavillon des Lettres パリ
5 5 Relais Saint-Michel モンサンミッシェル
6 8 La Bastide de Moustiers プロヴァンス
7 - New Hotel & Restaurant Chateau Eza コートダジュール
8 18 Chateau la Roque プロヴァンス
9 14 Le Marechal アルザス
10 52 Chateau de Marcay ロワール
11 4 La Mirande プロヴァンス
12 16 Chateau de Pray ロワール
13 38 Hostellerie de l'Abbaye de la Celle プロヴァンス
14 163 Domaine de la Corniche ジヴェルニー
15 11 La Prevote プロヴァンス
16 162 Manoir du Stang ブルターニュ
17 6 Les Sources de Caudalie ボルドー
18 - New Le Cep ブルゴーニュ
19 7 Auberge Basque バスク
20 31 Hostellerie Berard & Spa プロヴァンス
*色が付いているホテルは、お客様のコメントをいただいております。
総部屋数ランキング
2011 2010   ホテル名  
1 16 Hotel Arc Elysees パリ
2 10 Le Marechal アルザス
3 12 Auberge de Cassagne&Spa プロヴァンス
4 4 Relais Saint-Michel モンサンミッシェル
5 139 Manoir du Stang ブルターニュ
6 3 Pavillon de la Reine パリ
7 136 Le Pavillon des Lettres パリ
8 20 Chateau la Roque プロヴァンス
9 154 Domaine de la Corniche ジヴェルニー
10 18 Chateau de Pray ロワール
11 5 La Prevote プロヴァンス
12 21 La Bastide de Moustiers プロヴァンス
13 1 Auberge Basque バスク
14 46 Chateau de Marcay ロワール
15 11 Le Chambard アルザス
16 - New Hotel & Restaurant Chateau Eza コートダジュール
17 52 Hostellerie de l'Abbaye de la Celle プロヴァンス
18 51 Hostellerie Berard & Spa プロヴァンス
19 - New Le Cep ブルゴーニュ
20 22 Auberge de la Madone コートダジュール
今回、総売上高ランキングで1位を獲得したのは、パリのマレ地区にある「パヴィヨン・ド・ラ・レーヌでした。こちらのホテルは、「王妃の館」という名前の通り、美しく気品に満ち溢れている素敵なホテルです。
総部屋数ランキングでは、パリのシャンゼリゼ地区にある「オテル・アルク・エリゼ」が1位を獲得しています。
やはり、パリに連泊されるお客様が多く、そこからショートトリップに出かけたり、地方に出かけられています。 地方では、南仏プロヴァンスが圧倒的に多く、中でも公共交通機関で移動しやすいオーベルジュが人気のようです。
〜お客様の声〜
実際にご宿泊いただいたお客様の感想をご紹介させていただきます。
◆パヴィヨン・ド・ラ・レーヌ(パリ)
「想像以上にパヴィヨンドラレーヌはすばらしいホテルで、文字通りお姫様になった気分でユメのようでした。
ここでも、ウサギを食べたいといったら、シェ・ミッシェルというマニアックかつグルメなお店を予約していただきました。
ウサギ尽くしを堪能しました。ホスピタリティがすばらしいと思いました。
(Ms.K様)
 
◆ドメーヌ・ド・ラ・コルニッシュ (ジベルニー)
ジベルニーはモネ好きの妻にとって、前々から一度言ってみたい所でした。早速宿泊先にこのホテルを選択し、一番花がきれいだと思われる季節に訪問しました。
名前のとおり、このホテルはセーヌ川のほとりの岸壁の上に位置しており、テラスからの眺望がとてもすばらしいものでした。
天気にも恵まれ、暖かな日差しを浴びながら、最高のセーヌ川の景色を目前に頂くランチは、 我々家族全員を、一瞬にして虜にしてくれました。
料理も一品一品がとても美味しく、4歳の長男は遠慮なくエシュレのバターとバゲットのおかわりを頂いていました。(苦笑)

他のテーブルも子連れが多く、我々家族も、まったく気兼ねなく料理と雰囲気を堪能することができました。
(ホテルの方には怒れられてしまうかもしれませんが)宿泊抜きでパリからの日帰りランチだけでも、何回でも行きたいところです。
(パリ在住:Mr.K様ご家族)
 

◆シャトー・ラ・ロック(プロヴァンス)
シャトーホテル「シャトー・ラ・ロック」へ。オーナーさんが奥様と、夕食の支度をしているところでした。出国前、辞書とにらめっこして書いたフランス語の挨拶手紙をお渡ししたら、「トレビア〜ン!!」とても元気な笑顔で迎えてくれました。
夕食は、豪華なフレンチというよりは、家庭のおもてなし料理。奇抜な味ではなくて、ひとつひとつぬくもりの感じるコースでした。お任せでお願いした赤ワインがとっても美味しい!!もっといろいろ飲みたかったです。
なにかと話しかけてくれるオーナーさんと、英語、フランス語で盛りあがって、ほんとうに1つの家族に遊びに来ているみたいでした!!シャトー・ラ・ロックはプロヴァンス最古のお城なだけあり、庭の古い石垣がなんとも趣深いです。
手入れのされた花壇やブドウ棚や、丘の上から見下ろす牧場の白馬に、長い朝日が山の向こうから差し込んで、ずっと眺めていたいような光あふれる朝でした。ウェディングドレスを持ってきていたので、お庭の美しさに思わずウェディング記念撮影をしました。
ホテルを出発です。ちょっと恥ずかしそうに、私にお土産を渡してくれました。若い娘が花嫁になる時に持つ、ラヴェンダーのポプリだそうです・・・お別れの握手をして、主人とは「妻とうまくやれよ!」と男の会話をして、私もにこにこ笑ってホテルを後にしましたが、車の中で泣いてしまいました・・・素晴らしい出会いがあると、旅っていいなあ、と思わずにはいられません。
(新婚旅行 Y様ご夫妻)

 

お問い合わせはメールにてシャトー&ホテル・コレクションまで。
voyage@chateauxhotels.jp

▲page top