• シャトー&ホテル・コレクションとは?
  • お問い合わせ
  • アラン・デュカスエンタープライズについて
  • フランス
  • イタリア
  • イギリス
> 旬の情報たっぷり!フランス通信
旬の情報たっぷり!フランス通信
日本のお花見は桜、フランスのお花見は?ミモザ祭りのススメ
日本では、桜の季節になるとこぞってお花見に行きます。日本ほどの盛り上がりはないですが、 フランスも2月になると、お花屋の店先に黄色のふわふわしたミモザが並びます。
是非、ミモザ祭りに参加して、フランス風のお花見を満喫してみませんか?
2013年のミモザ祭りは、2月15日〜24日まで。
南仏コートダジュールの都市で、「黄金海岸」と呼ばれ、美しい景観が続くコルニッシュ・ドルの入り口でもあるマンドリュー・ラ・ナプールにて開催されます。
この開催期間中に開かれる、「ミモザウォーキング」や「ミモザ香水ツアー」に参加すれば、楽しい思い出となることでしょう!
交通手段
電車 ニース中央駅(Nice Ville)からSNCF(フランス国鉄)のTER(地方線)でMandelieu駅まで約45分。 大体の電車はCannes la Boccaで止まってしまうので、予め時刻表をチェックしておくこと。時間帯によりますが、大体1、2時間に1本の割合です。カンヌ(cannes)駅からは電車で約10分ほどです。
高速に乗り、Mandalieu - La Napouleの出口で降ります。看板に従って海の方に降りて行くとLa Napouleの街に入ります。
バス カンヌ駅前からMandelieu-La Napoule Balcon d’Azur行きの20番のバスで。グルグル周っていくので45分ほどかかります。電車の方がオススメかも。
ミモザ祭りプログラム
期間中のプログラムの一部をご紹介いたします。詳しいプログラムや、お申し込みのサイトはこちら
*プログラムの内容、日時は変更となる場合がございます。
2月15日(金)〜2月17日(日)まで
エキスポセンターにてエキシビション開催
エキスポセンター内に、プロヴァンスのテーブルウェアや洋服、料理など模擬店も出る予定です。
入場料:5ユーロ
2月16日(土)
14:30〜 ミモザの女王投票開始
19:30〜 視聴者前広場からパレードが始まります!
2月17日(日)
14:30〜 ラ・ナプールの海岸沿いをミモザの山車のパレードやダンサーたちが練り歩きます。
2011年のミモザの女王
ミモザ香水ツアー体験
“ミモジスト”と呼ばれるミモザ栽培をしている方のお話を聞き、実際に香水を作っている工場を見学します。
<開催日時>
2月15日14:15〜4時間/2月16日8:15〜4時間
2月18日14:15〜4時間/2月21日14:15〜4時間
2月23日8:15〜4時間/2月25日14:15〜4時間
<参加費>大人 24ユーロ/子供(4歳〜8歳) 11ユーロ
ミモザウォーキング
フランスで最大のミモザの森をガイドと共に歩きます。
<開催日時>(時間は全て、13:30〜約2時間となります)
2月16日/2月18日/2月19日/2月22日/2月23日/2月25日
<参加費>大人 12ユーロ/子供(8歳〜16歳) 11ユーロ
《 おすすめホテルのご案内 》
こちらのお祭りはカンヌでの宿泊が便利です!そこで、カンヌのおススメホテルをご案内いたします。
サン・リヴィエラ・オテル

映画祭で有名なカンヌの街の中心。レストランや土産品店、ブティックなどが並ぶカンヌのメイン通り、アンティーブ通りに建つ4つ星ホテル。クラシックなインテリアがお好きな方におススメ。

☆ウィンタープロモーション☆
1泊1室:107ユーロ〜
オテル・ル・カンベラ

こちらのホテルも同様に、アンティーブ通りに建つ4つ星ホテル。モダンでアーティスティックな印象のインテリア。20m²以上の客室はゆったりと過ごす快適空間。

☆ウィンタープロモーション☆
1泊1室:103ユーロ〜
お問い合わせはメールにてシャトー&ホテル・コレクションまで。
voyage@chateauxhotels.jp
▲page top