• シャトー&ホテル・コレクションとは?
  • お問い合わせ
  • アラン・デュカスエンタープライズについて
  • フランス
  • イタリア
  • イギリス
> 旬の情報たっぷり!フランス通信 > フランスの世界遺産を訪ねてみよう!

フランスの世界遺産を訪ねてみよう!

5月の特集
フランスの世界遺産を訪ねてみよう!
フランスの世界遺産を訪ねてみよう!
「世界遺産とは、地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきたかけがえのない宝物です。現在を生きる世界中の人びとが過去から引継ぎ、未来へと伝えていかなければならない人類共通の遺産です。世界遺産は、1972年の第17回UNESCO総会で採択された世界遺産条約(正式には『世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約』:)の中で定義されています。2013年11月現在、世界遺産は981件(文化遺産759件、自然遺産193件、複合遺産29件)、条約締約国は190カ国です。」(日本ユネスコ協会連盟HPより抜粋)

世界遺産981件のうち、フランスには38件の世界遺産があります。今回は、その中のうち4ヶ所の世界遺産をご紹介し、そこに行くのに最も便利なおススメの宿をご紹介いたします。
パリのグルメ編
パリ近郊にある世界遺産に指定されているフォンテーヌブロー城。元々パリの王族が狩りを楽しむために建てられた建物をフランソワ1世からルイ16世までの歴代の王が建て替えて来たお城です。きらびやかなベルサイユ宮殿に対して、木造建築でできているので、落ち着いたイメージがあります。マリー・アントワネットが住むことになっていた部屋も作られていましたが、彼女が見ることもなく、処刑されてしまったという歴史もあります。ベルサイユの庭園を設計したル・ノートル作の庭園も必見です!
おすすめホテルのご案内
オテル・ヴィクトリア
世界遺産に指定されているフォンテーヌブロー城まで300m程なので、じっくりお城を見てみたい!という方にお勧めのプチホテル。お庭が広く、コンテンポラリーでモダンな客室。
イル・ド・フランス地方/フォンテーヌブロー
100ユーロ〜/1泊1室
ホテルの詳細・空室照会
オテルリー・デュ・バブロウ
パリ郊外、「落穂拾い」のミレーをはじめバルビゾン派の画家たちが移り住んだことで有名な村、バルビゾンにある5つ★ホテル。各国の首相や著名人が宿泊することでも有名なホテル。ホテル内レストランでは、冬期ジビエが楽しめます。フォンテーヌブローに行くなら、近場のバルビゾンにも宿泊して、田舎暮らししていたバルビゾン派の画家に思いを馳せてみてはいかがでしょう?
イル・ド・フランス地方/バルビゾン
180ユーロ〜/1泊1室
ホテルの詳細・空室照会
パリのグルメ編
フランスの南西、ヨーロッパ最大級の城壁が残る都市カルカッソンヌ。歴史を紐とけば、紀元前3世紀、ローマ教皇によって派遣されたアルヴィジョワ十字軍の拠点として利用されたのがはじまり。「シテ」と呼ばれる城壁内都市は、全長3kmに及ぶ城壁と52の塔で構成されています。7月14日の革命記念日にシテをバックに打ち上げられる花火は見事。
おすすめホテルのご案内
オテル・デュ・シャトー
ヨーロッパ最大規模のカルカッソンヌの城壁のすぐ傍に建つ4つ星デラックスホテル。庭園からは、素晴らしい夜景を望むことができます。 シテを観光したら、ホテル内にあるスパでゆっくりとお過ごしください。
ラングドック・ルシヨン地方/カルカッソンヌ
170ユーロ〜/1泊1室
ホテルの詳細・空室照会
ホテル・ド・ロクトロワ
カルカッソンヌの城壁から100mのところに建つデザインホテル。昼間は城壁内で中世の歴史を感じ、ホテルでは、現代に戻りゆったりとお過ごしいただけます。ホテル内には、スパ施設もございます。
ラングドック・ルシヨン地方/カルカッソンヌ
90ユーロ〜/1泊1室
ホテルの詳細・空室照会
パリのグルメ編
南仏に位置するオランジュは、かつてローマ帝国の重要な都市として栄えた町で2000年間ほとんど変わらない姿で現存しています。世界遺産に指定されている古代ローマ劇場は紀元1世紀に建てられ、音響効果が素晴らしいことから毎夏、世界的にも有名な野外音楽祭が催されます。
また、紀元前20年代の現像物の凱旋門は、特に北側のレリーフの保存状態がよく、美しく2000年前のものとは思えないほど。
おすすめホテルのご案内
ラ・プロポ
オランジュ市内にある、リュクスなプライベートホテル。全5室の客室は、それぞれが美しく洗練されたインテリアでまとまっています。町の中に居ながら、喧騒を離れ別世界にいざなってくれる隠れ家的ホテル。観光箇所にも徒歩で行けるので便利です。
プロヴァンス地方/オランジュ
110ユーロ〜/1泊1室
ホテルの詳細・空室照会
パリのグルメ編
南仏ニームとアヴィニョンの中間に位置する巨大な水道橋、ポン・デュ・ガール。ローマ時代、ユゼス近くの水源からニームに飲料水を送ることを目的に作られました。古代ローマ人は、「この建造物こそ、ローマ帝国の偉大さを最もよく示すものである」と自負していたように、高さ48mの水道橋は、彼らが建てた橋の中で最も高いものといわれています。
おすすめホテルのご案内
オステルリー・ル・カステラ
フランスで最も美しい村のひとつユゼス近郊にあるお庭の綺麗なオーベルジュ。インテリアは、アールデコやアールヌーボー、70'sを意識したスタイルや、明るいプロバンスの生地を取り入れたりと様々。お風呂に猫足がついたアンティークなものなど、センスのよさが光ります。ホテル内レストランでは、南仏の新鮮な食材を生かした美味しい料理を堪能。フォアグラを3つのスタイルで食べるスペシャリテはお勧めです。交通手段としては、ニームからポン・デュ・ガール行きのバスに乗り、コリアで降ります。バスでもポン・デュ・ガールにも行かれます。
ラングドック・ルシヨン地方/ニーム
80ユーロ〜/1泊1室
ホテルの詳細・空室照会
*上記のホテルを中心にした旅のご相談も承りますので、ご遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
インフォメーション
◆シャトー&ホテル・コレクションのフェイスブックを始めました!
楽しい企画やお得情報をUPしていきますのでお楽しみに!
▲page top