• シャトー&ホテル・コレクションとは?
  • お問い合わせ
  • アラン・デュカスエンタープライズについて
  • フランス
  • イタリア
  • イギリス
> 旬の情報たっぷり!フランス通信 > ベストシーズンのラベンダー街道を駆けぬけよう〜♪

ベストシーズンのラベンダー街道を駆けぬけよう〜♪

2月の特集
ベストシーズンのラベンダー街道を駆けぬけよう〜♪
ベストシーズンのラベンダー街道を駆けぬけよう〜♪
ラベンダーはシソ科の一つで、バジルやミント、ローズマリーなどの仲間です。ラベンダーの語源は「Lavandula」ラテン語で「洗う」という意味です。ローマ人達が入浴や洗濯の際にラベンダーを湯や水に入れることを好んだためと言われています。そんなラベンダーには、沈静化や快眠、防虫などにも優れる効果があることから、南仏プロヴァンスでは、ポプリにしたり、ドライフラワーにしたり、オイルを抽出してアロマテラピーにしたりしています。
南仏のマルシェに行くと、可愛いプロヴァンスプリントに入ったポプリや手作りアロマオイルなどが、お土産として売られています。 そのラベンダーの開花時期は、毎年天気の変動によりさまざまですが、大体6月中旬〜7月中旬とされます。
また、ラベンダー街道へ行く手段が車のみと限られているため、中々行きたくても行けないという声を多く聞きます。今回は、安心の日本人ドライバーが案内する混載ツアーを利用して、ラベンダー街道を訪ね、プロヴァンスのオーベルジュにも宿泊できる!というプランをご紹介させていただきます。是非、この機会にラベンダーに包まれてグルメも楽しめて、素敵なオーベルジュに泊まって素敵な夢を見てみませんか?
ミラノの歩き方
ら・ら・ら ラベンダー1日ツアー
(エクス・アン・プロヴァンス発着)

集合・解散場所:エクス・アン・プロヴァンス・サントル駅前
催行期間:6月22日〜7月16日の月曜、木曜
所要時間:8時間
料金:お1人様 ¥22,500(2月の料金です。為替の変動により、毎月料金が変わります)*昼食代は含まれません。

【行程】
09:00  SNCFエクス・アン・プロヴァンスサントル駅前集合
10:00  ラヴェンダー街道:ヴァランソル(40分)
11:15  ポンディル陶器工房見学(45分)
12:00  ムスティエ・サント・マリー(2時間30分)
○ヴェルドン渓谷、サント・クロワ湖はフォトストップ(10分)
ラ・バスティード・ド・ムスティエにご宿泊の方は、ホテルにて解散となります。
17:00  SNCFエクス・アン・プロヴァンスサントル駅前解散

ら・ら・ら ラベンダー半日ツアー
(エクス・アン・プロヴァンス発着)

集合・解散場所:エクス・アン・プロヴァンス・サントル駅前
催行期間:6月20日〜7月19日の水曜、土曜、日曜
所要時間:5時間
料金:お1人様 ¥13,500(2月の料金です。為替の変動により、毎月料金が変わります)
*昼食代は含まれません。シャトー・ヴァル・ジョアニス庭園の入場料が含まれています。
【行程】
08:30   SNCFエクス・アン・プロヴァンスサントル駅前集合
      ○ルールマラン写真ストップ(15分)
      *前日、ムーラン・ド・ルールマランにご宿泊の方は、ルールマランから参加となります。
10:00  ラベンダー街道:オリボー/セニョン(1時間30分)
12:00  シャトー・ヴァル・ジョアニス庭園(30分)
13:30  SNCFエクス・アン・プロヴァンスサントル駅前解散
ら・ら・ら ラベンダー1日ツアー
(アヴィニョン発着)

集合・解散場所: アヴィニョン市内時計台広場市庁舎前またはホテル
催行期間: 6月19日〜7月17日の火曜、金曜
所要時間: 7時間
料金:お1人様 ¥18,300(2月の料金です。為替の変動により、毎月料金が変わります)
*昼食代は含まれません。ラベンダー博物館の入場料が含まれています。
*アントル・ヴィーニュ・エ・ガリグ発着は、お1人様追加料金¥3,000になります。
【行程】
09:00 アヴィニョン市内時計台広場市庁舎前または、
ホテル・アントル・ヴィーニュ・エ・ガリグ
    ○セナンク(20分)フォトストップ
    ○ゴルド(10分)フォトストップ
レ・ボリードメーヌ・ド・ロンクロ 発着の場合は、
ここからの参加になります。
11:40 ソー(1時間30分)
14:00 ラベンダー博物館(40分)
16:00 アヴィニョン市内時計台広場市庁舎前または、ホテルにて解散
おすすめホテルのご案内
今回ご紹介した現地ツアーを利用しながら、ご宿泊できるホテルをご紹介します!
La Bastide de Moustiers / ラ・バスティード・ド・ムスティエ
プロヴァンス地方の陶芸の街で、「フランスの最も美しい村」に指定されているムスティエ・サント・マリーにあるアラン・デュカスのオーベルジュ。全12室の客室は、果実やハーブなどの名前が付けられ、それぞれのイメージにあったインテリアで構成されている。ミシュラン1つ星レストランでは、敷地内の果樹園とハーブ園で採れたその日食べごろの食材が素晴らしい魔法にかけられてゲストに供される。心身ともに癒される極上の宿。
プロヴァンス地方/ムスティエ・サント・マリー
13室
215〜720ユーロ(朝食付)/1泊1室
ホテルの詳細・空室照会
Le Moulin de Lourmarin / ル・ムーラン・ド・ルールマラン
「フランスで最も美しい村」に指定されているルールマランにあるオーベルジュ。18世紀のオリーブオイル工場を改装した歴史的な建物。石造りの壁を生かしたプロヴァンス風の客室はとってもロマンティック。ホテル内レストランでは、プロヴァンス料理を美味しく食べられる。
プロヴァンス地方/ルールマラン
20室
90〜300ユーロ(朝食付)
ホテルの詳細・空室照会
Les Bories & Spa / レ・ボリー&スパ
「フランスの最も美しい村」に指定されているゴルド近郊にあるリュクスなオーベルジュ。レ・ボリーとは昔からこの地に伝わる石を積み重ねる建築様式のこと。客室はモダンで洗練され、プロヴァンスの太陽がさんさんと降り注ぐ。2008年ミシュラン1つ星を獲得したレストランでは、地元の料理を生かしたガス トロノミック料理が楽しめる。
館内スパには、ハイドロテラピーのトリートメントが多数用意されており、日焼けした肌のお手入れや、疲れた体を癒してくれる。レンタサイクルは、1日25 ユーロ。
プロヴァンス地方/ゴルド
35室
320〜850ユーロ(朝食付)
ホテルの詳細・空室照会
Domaine de l'Enclos / ドメーヌ・ド・ロンクロ
「天空の街」と呼ばれるゴルド近郊にあるプチホテル。8000屬△詆瀉呂砲燭辰6室しかない客室は、まるで秘密のプライベートホテル。窓からリュベロン平原が見渡せる客室もある。広々としたプールでのんびりプロヴァンスの休日を味わえることだろう。ゴルドの街までは、徒歩で6分ほど。ホテル内には、レストランは無いが、町に出れば、カフェやレストランが多く全く不自由がない。ここを起点にリュベロンの小さな村々を是非とも訪れてみたい。ゴルドの町中心部 までは550m(徒歩約10分)
プロヴァンス地方/ゴルド
6室
115〜250ユーロ(朝食付)
ホテルの詳細・空室照会
Entre Vigne et Garrigue / アントル・ヴィーニュ・エ・ガリグ
アヴィニョンから車で約20分北上した閑静な環境の中にあるオーベルジュ。
全室4室からなる客室は、どれも広々としていて気持ちがいい。ミシュラン1つ星を持つレストランでは、オーナーシェフ、セルジュ・シュネのテーマである色彩と香りを楽しめる料理に舌鼓を打つことだろう。 毎週水曜、木曜の15:00-17:30まで料理教室を開催。
プロヴァンス地方/アヴィニョン郊外
5室
125〜165ユーロ(朝食付)
ホテルの詳細・空室照会
*上記のホテルを中心にした旅のご相談も承りますので、ご遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
インフォメーション
◆シャトー&ホテル・コレクションのお得な情報が満載のフェイスブックを是非ご覧ください!
楽しい企画やお得情報をUPしていきますのでお楽しみに!
▲page top