• シャトー&ホテル・コレクションとは?
  • お問い合わせ
  • アラン・デュカスエンタープライズについて
  • フランス
  • イタリア
  • イギリス
> 旬の情報たっぷり!フランス通信 > 原始時代へタイムスリップ!ラスコー洞窟と巡礼地をめぐる旅へ

原始時代へタイムスリップ!ラスコー洞窟と巡礼地をめぐる旅へ

9月の特集
原始時代へタイムスリップ!ラスコー洞窟と巡礼地をめぐる旅へ
原始時代へタイムスリップ!ラスコー洞窟と巡礼地をめぐる旅へ
アキテーヌ地方、ドルドーニュ県は、以前は「ペリゴール地方」と呼ばれていました。
フランス人に「ペリゴール」と言うと、すぐにフォアグラをイメージして、舌なめずりするほどフォアグラの産地なんです。
この地方は、考古学的にも最もヨーロッパで古い地域とされ、ラスコーを始めとする洞窟が多く発見されており、また、巡礼地としても有名な地方で、中世の町がそのまま残っていて、お城も1000を数えるなど、とっても魅力的な場所なんです。
ただ、それだけに、中々行き難い場所でもあります。それでも、リピーターが耐えないのは、それほどの魅力がそこにはあるからなんです。
今日は、ドルドーニュの魅力を存分にご紹介いたします!
ドルドーニュのおススメの街
■ 3匹のガチョウのいる町サルラ
中世からルネッサンスが混在している町並みを残すサルラ。
サルラの建物は、1962年の「マルロー法」で保護されて以来、建物自体が博物館級の扱いとなっています。町の中に一歩踏み入れたとたん、中世の時代にタイムスリップしたような感覚に襲われます。
そして、町のトレードマーク3匹のガチョウの像が楽しげに並んでいます。町の中は、お土産物屋さん、フォアグラ屋さんが多く、土曜日のマルシェには、自家製のフォアグラなど並び盛況です。

【行き方】
ボルドー・サンジャン駅からTER(電車)で約2時間40分。
■ 巡礼地ロカマドゥール
切り立った崖に所狭しと建てられた建物が連なるロカマドゥールは、1166年に初期キリスト教とのアマドゥールの遺骸が発見されて以来、巡礼地となりました。
旧市街を抜け、216段の階段を登ると、崖の中腹辺りにノートルダム礼拝堂が現れます。そこには、黒い聖母子が祀られ、像の上の鐘は、奇跡が起きる時、ひとりでに鳴ると言われていて、人気のスポットになっています。

【行き方】
フィジャックからTER(電車)で35分。ロカマドゥール駅から村まで約6km。
NEWS
■ 国際洞窟壁画芸術センターが2016年6月にオープン!
2016年6月オープン予定の国際洞窟壁画芸術センターは、今までのラスコー洞窟の見学方法とは全く変わり、まるでアミューズメントパークのような規模の大きい展示となる予定です。
初公開の完全版ラスコー洞窟の複製とラスコー発見の歴史を物語る4つの展示室を含む8500m2以上もの見学スペースを有し、3D映像で洞窟を探検できるというアトラクションもあるそうです。また、日本語での音声ガイド、ビデオガイドも我々日本人には嬉しい話。是非、原始の世界に行ってみませんか?

【料金】
大人(1名):16ユーロ(モンティニャック観光局にて購入の場合は、11.50ユーロ)
ドルドーニュの歩き方
前述でも申し上げたように、ドルドーニュは、あまり交通の便がよくありません。効率よくまわるには、どこかを起点にして、1日ドライバーガイドを頼んでしまったほうがお徳です。
私どもがいつもお願いしているサルラ在住のフィリップさんは、大きな身体とは対照的に、やさしくて心配りのできる方なので安心です。弊社で、ホテルのご予約をいただけましたら、こちらの専用車の手配も可能です。

【料金】(2015年度)
半日:¥30,000、1日:¥60,000
*為替の変動により、料金は変わりますことをご了承ください。
ドルドーニュ地方のグルメ
そして、やはりグルメですよね!この地方は、美味しいものが本当に多いんです。
フランス人でもクリスマスぐらいしか食さないフォアグラも、この地方に来たからには、毎日食べられます。そして、その種類の多いことにビックリします。
また、ガチョウ(Oie)とアヒル(Canal)のフォアグラもそれぞれ味が違うので、是非、食べ比べてみてください。
そして、秋になるとトリュフのシーズンになりますので、日本の葡萄狩りのように、トリュフ狩りをイベントに掲げているホテルが多くなるのもこの地方ならでは!秋深まる季節、是非、ドルドーニュを訪れてみませんか?
ドルドーニュのおススメホテル
Hotel de Selves / オテル・ド・セルヴェ
中世からルネッサンス、17世紀の建物が多く見られるサルラ市内にある4つ星ホテル。
客室は、赤や黄色をメインに明るくエレガントなイメージ。ホテル内にあるスパは、広い庭に透明のヴィラが点在しており、太陽の光をたっぷり浴びながら、ゆったりとエステを楽しむことができます。市内中心に徒歩でいけますので、観光にショッピングにとても便利です。
アキテーヌ地方/サルラ 客室料金(1室):99〜190ユーロ 客室数:40室
ホテルの詳細・空室照会
L'Esplanade / レスプラナード
中世とルネッサンスの街、サルラ・ラ・カネダの郊外、お城と洞窟の街、ドンムにある料理自慢のオーベルジュ。
ドルドーニュの景観を楽しみながらフォアグラやトリュフ、野生のマッシュルームを使った料理の数々に舌鼓。
また、館内のインテリアは重厚なアンティーク家具が配され上品で落ち着いた雰囲気。
アキテーヌ地方/ドンム 客室料金(1室):90〜160ユーロ 客室数:15室
ホテルの詳細・空室照会
Hotel Les Glycines & Spa / オテル・レ・グリシーヌ&スパ
サルラ近郊にあるホテルレストラン。
白を基調にした質のいいリネンで構成された客室は、美しくリュクスな滞在を約束してくれます。夏の晴れた日には、綺麗に手入れされている広いお庭を眺めながら、レストランのテラス席でのんびりとお食事も楽しむことができます。
アキテーヌ地方/サルラ郊外 客室料金(1室):125〜265ユーロ 客室数:26室
ホテルの詳細・空室照会
*上記のホテルを中心にした旅のご相談も承りますので、ご遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
インフォメーション
◆シャトー&ホテル・コレクションのお得な情報が満載のフェイスブックを是非ご覧ください!
楽しい企画やお得情報をUPしていきますのでお楽しみに!
◆フランスの地方の楽しさ、歴史などに触れた連載ダイヤモンドオンライン「みえぞうのふらんす地方漫遊記」も是非、お読みください!
▲page top