• シャトー&ホテル・コレクションとは?
  • お問い合わせ
  • アラン・デュカスエンタープライズについて
  • フランス
  • イタリア
  • イギリス
> 旬の情報たっぷり!フランス通信 > スペインとフランスの国境カタルーニャ地方を訪ねて

スペインとフランスの国境カタルーニャ地方を訪ねて

8月の特集
スペインとフランスの国境カタルーニャ地方を訪ねて
スペインとフランスの国境カタルーニャ地方を訪ねて
カタルーニャの歴史
昨今人気のバスク地方のように、東側のフランスとスペインの国境に接するカタルーニャ地方は、フランス側ではカタロニア語圏と呼ばれ、スペイン側ではカタルーニャ自治州となっており、首都はバルセロナ。
カタルーニャ人として有名なのは、ダリやガウディが代表的な人物です。

カタルーニャ最古の歴史は、先史時代にまでさかのぼります。
中世12世紀半ばまで、イスラム教の支配下にあり、その後、キリスト教が取り戻し、1137年にバルセロナ伯ラモン・バラングー4世とアラゴン王国女王ペトロニーラが結婚するとアラゴン=カタルーニャ連合王国が成立し、イベリア半島で最も巨大な権力を持つ王国となりました。
北アフリカのマグレブ地方、ギリシャのロードス島、キプロス島、ダマスクスなど勢力を延ばしましたが、14世紀のペストの流行やイナゴの大量発生、地震や飢饉により人口がかなり落ち込みます。
その後、1635-1659のフランス・スペイン戦争の後、フランスとスペインに分割統治されることになり、今なお独立運動が根強い地域となっています。
カタルーニャの産業
元々カタルーニャ地方では、キャンパス織の高い技術を継承しており、フランスとスペインの国境に位置する村、サン・ロラン・デュ・セルダンで、19世紀に長椅子のキャンパス地を使ったインテリアを売り出し、その後、キャンパス地を使った靴のエスパドリーユが生まれました。

日本でも有名なブランド『レ・トワール・デュ・ソレイユ(Les Toiles du Soleil)』は、キャンパス地にコリウール独自の美しいカラー配色で人気を得ています。

▼『レ・トワール・デュ・ソレイユ(Les Toiles du Soleil)』公式サイト http://lestoilesdusoleils.com/category/11.html
カタルーニャのワイン
フランスで1番の生産量を誇るラングドック・ルシヨンのワイン。
変化に富んだ地形や土壌で栽培される葡萄を使用したワインは、とても個性的です。
地中海から吹き込む風を浴びて、日照時間の長い冬と暑い夏を過ごした葡萄は熟成が早く、糖度が高い葡萄を生み出します。発行中の葡萄にアルコールを加えて発酵を止め、糖分を残した製法は13世紀にこの地方で生まれたもの。 葡萄の品種は、深みのある赤色と黒コショウのようなスパイシーな香りを持つ力強いワインを生み出すシラーです。
おススメホテル
■ オテル・リベラッシュ(Hotel Riberach)
カタルーニャ文化が残るペルピニャン近郊にあるワイナリーを経営するオーベルジュ。
元々、ワイン共同組合だった建物をホテルに改装。1階はワインの醸造所、2階以上が客室となっており、インテリアはモダンテイストです。できるなら、葡萄畑の見える部屋を指定しましょう。
ここでは5人のメンバーがチームとなり、11ヘクタールの畑からナチュラルで魅力あふれるワインを造っています。2006年から有機栽培を開始し、2013年にはヴィンテージから『ナチュール・エ・プログレ』の認証取得をしています。収穫はなんと、13キロという超小さな籠で、ブドウに細心の注意を払っています。
畑は、高いところでは標高400mに及び、地中海とピレネーの両方の影響を受け、常に風が吹くため、病害虫の心配が少なく、自然な栽培に理想的な場所なのだとか。
ミシュラン1つ星を持つレストランには、お手頃な価格帯のメニューがそろっています。
是非、地元のワインとのマリアージュを楽しみましょう。
■ シャトー・ヴァルミー(Chateau Valmy)
カタルーニャ地方だったペルピニャン郊外にあるシャトーホテル。
19世紀の終わりにワイン生産者によって建てられた建物は、デンマーク出身のデザイナーの手によってモダンでスタイリッシュなインテリアに改築されています。 ゆったりとした部屋には、オレンジやグリーンのファブリックが配置されセンスのよさを物語っています。
実際にシャトーでワインを生産しているので、試飲をして購入可能。面積は4ha、年間生産20,000本。メルロ 70%、カベルネ・ソーヴィニヨン 30%です。
経営者のERESUE氏は、サンテミリオンのシャトー・カノン・ラ・ガフリエールで醸造責任者として働いた後、彼の曾祖父から受け継いだシャトーに戻ってきました。Valmy Dubourdieu Langeは彼の曾祖父の名前です。
葡萄株の樹齢は古く、中には19世紀から続く樹齢100年以上の樹もあります。新樽でマロラクティック醗酵させます。ブラインドで飲むと「サンテミリオンの特級」だと誰もが信じるほどだそうです。
■ オテル・デュケサ・デ・カルドーナ・バルセロナ(Hotel Duquesa de Cardona Barcelona)
カタルーニャ自治州の首都バルセロナの港に面して建っている老舗ホテル。
16世紀、元々港のあたり全部はカルドーナ家所有だったもので、歴史的建造物でもあります。
客室は、モダンでデラックス。宿泊の際は、ポートビューと部屋指定したいところ。
ホテル内レストランでは、地中海料理が楽しめ、夏期営業しているバルでは、タパスが楽しめます。
メトロの駅が近いので、サグラダファミリアやカサミラなど、観光名所にも近くて便利なホテルです。
*弊社では、ホテルの予約手配の他、現地発着ツアーや鉄道チケット手配、専用車手配などの手配旅行や、エアチケットを含む受注型企画旅行のご提案もさせていただいておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
インフォメーション
◆シャトー&ホテル・コレクションのお得な情報が満載のフェイスブックを是非ご覧ください!
楽しい企画やお得情報をUPしていきますのでお楽しみに!
◆フランスの地方の楽しさ、歴史などに触れた連載ダイヤモンドオンライン「みえぞうのふらんす地方漫遊記」も是非、お読みください!
▲page top